title

◇組合員の声◇


No.166 日付:2014/10/10種類:総代会議
質問:TOEFL試験について
大学院の入試では、英語のペーパー試験をやめて、TOEFL等の結果を採用するようになってきている。今後試験の需要も高まると思うので、キャリア店でもっと組合員価格で受験できることをアピールしてはどうか。        
                               (北キャンパス)

生協からの回答
ご意見ありがとうございます。昨今たしかに大学院入試でTOEFLやTOEICのスコアにて出願・選考されるところが増加しております。北大生協では学内で在学中から積極的に受けていただけるよう、TOEFL-iBTの試験運営やTOEFL-ITPの自主運営を大学と協力して行っております。学部によって必要な試験の種類が違うことや、大学院入試だけでなく留学や就職活動にも役立つ資格だと思いますので、さまざまな機会・手段で宣伝を強化していく事で、より多くのみなさまにご利用いただきたいと思います。
ちなみにTOEFLについて組合員価格の設定はございませんでした。
今後も宣伝方法やアイデア、ご指摘などございましたらぜひお寄せください
                     キャリア店総括マネージャー 百石



[《 前の声を読む] [ 次の声を読む 》]
一覧へ