title

◇組合員の声◇


No.224 日付:2016/02/05種類:総代会議
質問:ミールカードの対象を広げてほしい
弁当やサンドイッチにはミールカードが使えないので、食事のために購買を利
用しようとは思わない。せめて、お茶または牛乳などの飲み物とお弁当、サンド
イッチはミールカードの対象にしてもらいたい。  (獣医学部店利用者懇談会より)

生協からの回答
ミールカードのご利用ありがとうございます。ミールカードの利点の一つとして、食堂でのご利用に応じネット上のマイページにて個人利用履歴の確認をする事ができます。この事で栄養バランスの確認をする事が出来、大学生協食堂ではこの仕組がとても大切な事と考えております。
購買商品をミールカード対象商品から外している理由として、購買商品はシステム上栄養バランス確認に対応できない事と、現状のミール販売価格では制度の維持が困難になる事が予想されます。購買商品をご利用の際には、ご利用毎にポイトが加算されるICプリペイドでのご利用をお願い致します。
ただ、2016年度のミールカードでは「牛乳」については食育の観点から、ミール利用対象に向けて調整中です。ご利用に際してはあくまでも「食堂メニューとの併用ご利用」が条件となります。そのため購買店舗にて牛乳単体でミールカードのご利用は残念ながら出来ませんし、マイページでの栄養表示も連動されませんが、栄養バランスの一助としてご利用いただければと思います。また一部とはなりますが、ミールドリンク(お茶)についても検討中です。                 
 食堂総括マネージャー 藤澤


[《 前の声を読む] [ 次の声を読む 》]
一覧へ