title

◇組合員の声◇


No.230 日付:2016/06/09種類:総代会議
質問:「中央食堂をプロデュース!」について
本日配布された「中央食堂をプロデュース!」の説明はないのですか。
留学生から「中央食堂を利用してみたい(ネーミングから期待されるイメージあり)」と言われることがあるがお勧めできない。大学を代表する食堂でありたいものです。                           (北キャン) 

生協からの回答
北大生協でこのプロジェクトのサポートをしている軸丸と申します。
ご覧頂いたワークショップの報告書は、昨年12月に「中央食堂をプロデュース!」というテーマを設けて開催しました。このプロジェクトは、昨年7月に北大サステイナブルキャンパス推進本部の「つくる!サステイナブルキャンパス提案」募集に、中央食堂のエネルギー負荷と施設のニーズの両面を考察するというテーマで応募して採択されました。12月に開催したワークショップは、中央食堂の現状と課題、ニーズを形にしたらという3段階でグループ形式で運営進行しました。この結果を学内の多くの方々に知っていただきたく、教職員総代のみなさまに配布しました。今年2月18日に生協の拡大教職員委員会で、この報告会を持ちました。反響も大きく、今後4月1日発行の「きぼうの虹」にプロジェクトの活動を紹介する記事を掲載する予定です。また、プロジェクトに関わったメンバーによる福利厚生施設のあり方の記事を連載する予定です。福利厚生について、いろいろなご意見を出していただければ幸いです。
理事会室 軸丸


[《 前の声を読む] [ 次の声を読む 》]
一覧へ