title

◇組合員の声◇


No.233 日付:2016/06/09種類:総代会議
質問:留学生への交通ルール指導について
留学生に中古自転車を無償譲渡する際、日本の交通ルールは教えているのでしょうか。                            (高等教育)
生協からの回答
無料譲渡の中古自転車は札幌市から留学生限定でいただけますが、留学生の諸手続きの窓口と運営の全ては北大生協が担っています。札幌市の決まりを厳守するために、ウエルカムパーティーで「自転車を無料でもらうための手順」と「事前説明会のご案内」をする際、自転車マナーをまとめた資料を配布しています。そして数日後、自転車が欲しい留学生を対象にした事前説明会の場では、英語と中国語で諸注意をお伝えした後、個別の質問への対応を、英語・中国語のほか、インドネシア・バングラデシュ・韓国語など可能な範囲で各国の言葉で説明しています。しかし、昨年の道路交通法の改正により自転車の交通ルールが変更され、違反者への罰則が厳格化されました。細かいルールの説明には、「なぜ?それがだめなの?」と疑問を抱き質問が続くことも少なくなく、1度や2度の説明だけでは正しいマナーが身につくことは難しいと感じています。また、交通ルールの説明とは別に、昨秋からはもしもの時のために、学生賠償責任保険や学生総合共済の給付事例や保障の内容の紹介も行っています。今年は、もう一歩進めた「自転車教室」のようなイベントの開催を検討しています。                                              
また大学では、半期ごとに開催される国際本部主催「新入留学生のオリエンテーション」の中で、警察署の職員による交通安全講習が行われています。  
留学生組織委員会担当職員 室田


[《 前の声を読む] [ 次の声を読む 》]
一覧へ