title

◇組合員の声◇


No.254 日付:2017/05/26種類:総代会議
質問:保健学科店閑散期のお弁当の状況について
保健学科店ですが、やっぱり閑散期になるとパンやおにぎり弁当などの食べ物が全然ありません。利用客数が少ないのはわかるが、それにしても少なすぎると思います・・・。結局近くのコンビニチェーン店を利用せざる得ない状況です。
                                     (医歯薬系)

生協からの回答
閑散期はより教職員を意識して煮物弁当・煮しめ弁当・わかめご飯弁当・幕の内系の弁当などへシフトして仕入展開しています。発注数量に関しても昨年および前週・近日の供給数を元に計画数量にて発注を行っておりますが、この時期のパン・米飯分類の1日の供給が1万円程度、この時期の廃棄ロス額の目標数値(5%)にはおさまらずほとんどの日でそれ以上の廃棄ロスを出しております。
しかし食べ物があまりに少ないとの声をいただいておりますので、次回閑散期は利用者に沿った仕入数量を検討し、それにより実際の利用・供給アップに繋がり廃棄ロス率も抑えられるという好循環に結びつくよう努めてまいります。  
                          (購買総括マネージャー 浦滝)


[《 前の声を読む] [ 次の声を読む 》]
一覧へ