title

◇組合員の声◇


No.260 日付:2017/07/28種類:総代会議
質問:留学生に対するお部屋紹介について
増えている留学生に対して、もっとお部屋紹介をできる体制にして手数料
アップにつなげてはどうか。留学生宿舎は期間限定(半年間)なので、その退去
後のフォローもできれば良い。    (北キャンパス)

生協からの回答
主に留学生宿舎を退去する留学生に対するお部屋紹介は、通年クラークサービスセンターのルームガイドで行っています。
昨年は110人の留学生にお部屋を紹介しました。また大学の委託を受けた
留学生宿舎の入退去管理業務も合わせて行っています。近年留学生が増え続け、キャンパス周辺で留学生が望む条件の物件が不足しています。
ルームガイドでは留学生が日本語会話ができなくてもお部屋探しができる体制(外国語会話ができるスタッフを増やす等)を整えることと、紹介できる物件の開拓に力を注ぐことを重点課題として取り組んでいます。
                          ルームガイド店長 村田


[《 前の声を読む] [ 次の声を読む 》]
一覧へ