title

◇組合員の声◇


No.69 日付:2012/07/12種類:総代会議
質問:生協の新入生センターの窓口対応について
 新入生の保護者からの電話で、「生協の新入生センターの窓口で、入学時にプリペイドチャージ5万円+生協加入や共済や学生賠償保険などの加入で併せて10万円近くかかった。さらにPCを購入しないと履修もとれないと生協の新入生センターですすめられた。新入生はすすめられた通りに受け取ってしまう。そんなすすめ方をしているのですか。」と言われることが何件かありました。今後そのような苦情が来ないように商品説明やアドバイスの言葉について指導を徹底して欲しい。    (北系 高等教育)

生協からの回答
 北大生協では、新入生むけの広報物や新入生センターでの対応については、新入生やその保護者様へ丁寧でわかりやすい説明と親切な応対に心がけています。また先輩学生がアドバイザーとして学生生活の実体験をもとに加入や生活に必要な商品をおすすめしています。
接客に必要な事前のトレーニングやロールプレイ、 シミュレーションも実施し、誤解や不快を招かないよう努めています。
 事前チャージの50,000円のおすすめについては、組合員加入の必要性や50,000円のチャージ金額の根拠となる前期の必要な生活費の内訳について説明しました。
パソコンのおすすめも、大学生活4年間を通してパソコンをどのように使っていくのか、大学生協ならではの付帯するサービス内容も含め説明しています。
 ただ、なかには説明が不十分だったりすること場合があるかと思います。パソコンのことで言うと、アドバイザーから「履修登録はパソコンを使う」という説明が誤解を招いたのかと思います。このことも含め、これを教訓にあらためて新入生や保護者の方に誤解を招かないようわかりやすい説明や十分な説明にさらに心がけます。言葉使い等の接遇の向上するよう指導を徹底していきます。          理事会室 軸丸


[《 前の声を読む] [ 次の声を読む 》]
一覧へ