title

◇組合員の声◇

《 前の声を読む 次の声を読む 》

No.100 日付:2014/05/20 名前:持田 誠 所属:その他
書籍部の利用促進策
近年、書籍部の利用率減少が目立ってきている感を受けます。
せっかくクラーク店がリニューアルされたので、これを機会に新たなテコ入れをして、書籍部の利用促進につなげたいところです。

さしあたり、次の事を提案します。
1)オンライン書店「Honya Club」のクラブカードを使えるようにする
2)図書館や北大出版会と合同で、著者を招いて講演会&即売会を開催するなどの関連行事を実施する(事業連合が出している「いずみ」に登場した著者を北大へ呼ぶなど)。
3)外売や書籍サークルの存在をもっと知らせる。
4)大学のサークルなどの会誌を書籍部に置いて宣伝・販促につなげる。

いま思いつくのは上記くらいですが、御検討ください。
生協からの回答 回答日:2014/05/28
回答の期日になりましたが、現在準備中です。もう少々お待ちください。
生協からの回答 回答日:2014/06/02
いつも当店をご利用いただきありがとうございます。
また、書籍部利用促進のご提案、感謝いたします。

書籍部の利用促進につきましては各種割引体系や企画等、いろいろと問題意識を持ち、検討させていただいております。
さしあたって計画しているのは、

・6月 定期購読キャンペーン 初回の1冊を半額に!
・7月 文庫・新書バンドルSALE+読書マラソン拡大キャンペーン

などがありますが、『大きなテコ入れ』というよりは例年の企画を強化する、といったイメージですので、新たな取り組みを検討してまいりたいと考えております。

ご提案いただいた4点について以下のように考えています。

 Honya Club クラブカードは日販の『HonyaClub』(webサイトのHonyaClub.comとは別のサービス)
に加盟した店舗のみが店頭で受けられるサービスで、(システムとの関連から)北大生協は加盟しておらず導入の予定もございません。

◆/渊餞曄∨迷臀佝如∩換饌膤慇原連合会等と協力しながら、実現できるよう検討して参ります。ただ、人気作家ともなると北海道までの交通費や宿泊代など別費用がかかることもあり、今後の課題とさせていただきます。

 外売店につきましては「利用の仕方」などについて整理し、各研究室へのチラシ配布などを行いたいと思います。
  書籍サークルは発足以来30年以上が経過しており、発足当時の利用環境が大きく変化しております。年々、利用の減少、サークルの解散が増加している背景も踏まえ、サークルの利用実態を調査し、新たな提案を検討してまいります

な檎坤機璽ルなどの会報誌は現在でも取り扱っております。実態としては減少傾向にあるため、宣伝活動を行います。
                          
                             書籍部総括MG 菅沼



組合員の声を書く

一覧へ