title

◇組合員の声◇

《 前の声を読む 次の声を読む 》

No.12 日付:2011/02/07 名前:TAM 所属:法学部
エコバッグ
エコバッグについてお尋ねします。

中央購買などみると、「エコバッグ利用率○%」と掲げられていますね。
袋を出さないようにする環境対策だということは理解できます。

しかし、徹底するなら、
1.エコバッグ利用者には1ポイントおまけする
2.袋を有料とする(1円でもいい)

普通のスーパーならこのようなことをやっているかと思いますが、
あえて踏み切らない理由を教えてください。
やはりインセンティブを与えないと利用率も上がらないのではないかと。
生協からの回答 回答日:2011/02/10
エコバックではなく、レジ袋使用率のことだと思います。

 北大生協では、2007年10月からレジ袋削減運動に取り組んでいまして、2008年度上期のレジ袋の枚数は2007年度上期に比べて約半数になりました。
それ以降の削減運動の取組について、環境の委員会で話し合いを重ね、2008年12月にはHPなどで呼びかけて、レジ袋有料化についてアンケートを実施しました。
回答総数は少なかったのですが、賛成、反対がほぼ同数であったこと、レジ袋が環境に与える影響についても様々なご意見があったことから、北大生協では「レジ袋の有料化はしない。レジ袋は必要な方にしか差し上げない」ことで、さらなるレジ袋使用率の低下を目指すことにいたしました。
四半期ごとに店舗での使用率をHPで公表しております。店舗ごとに条件が違いますので(観光客が多いなど)使用率もバラバラですが、高いなり低いなりに落ち着いてきています。
 詳しいことは、北大生協HPの「環境活動」にございますので、どうぞご覧ください。
2011年2月10日
<北大生協環境課題推進委員会事務局 後藤>

組合員の声を書く

一覧へ