title

◇組合員の声◇

《 前の声を読む 次の声を読む 》

No.189 日付:2017/02/02 名前:がんばれ生協 所属:その他
学生が利用できない自販機(附属図書館メディアコート内)の疑問(2)
通年利用の為に屋根設置の標記施設が降雪期になると、室内なのに雨が降る!
原因は結露と聞いている。12月から3月中はこっそり閉鎖中となっている。
さて、2015年にも投稿しましたが、現在も善処なく図書館職員以外は自販機使用不能です。

年間1/3は売り上げ激減で、採算が取れるのでしょうか?
「コーヒー豆等の劣化や廃棄によるコストの問題」は
どう考えるのでしょうか??

舘内の別な場所に自販機があり、不便は無いと思います。
既に、閉鎖期間は通算で12ヶ月は超えています。
本当に必要であれば、学生も通年利用できる場所に移設などの
ことも考慮できないのでしょうか??

以下は前回の回答です。

110. 2015/02/05

「もう1台のカップ式自販機につきましては、大学の入札外で生協が運営管理をしております。ご利用が少ないとコーヒー豆等の劣化や廃棄によるコストの問題もあり、ご心配頂いた採算等も考慮したうえで、利用再開になるまで一時販売中止とさせていただけるよう図書館ご担当者様と調整をさせていただいております」
生協からの回答 回答日:2017/02/08
回答の期日になりましたが、現在準備中です。もう少々お待ちください。
生協からの回答 回答日:2017/02/09
いつも生協をご利用ありがとうございます。
お寄せいただきましたご意見を含め、学内の自動販売機については大学の担当部署がございますので、この度改めて利用実態および利用状況等をご相談させていただきました。

担当部署によりますと、現在設置の自動販売機に関しては該当部局の意向を優先させるということで、一度部局の判断を仰いだのち、現状維持・撤去・移設などの決定をするとのことです。その後、管理を任せられております生協へどのようにするか指示をいただくということになりました。

今後とも何かお気づきの点等がございましたらご意見、ご指導よろしくお願いいたします。
                                                                  購買総括マネージャー 浦瀧

組合員の声を書く

一覧へ