title

◇組合員の声◇

《 前の声を読む 次の声を読む 》

No.92 日付:2014/02/24 名前:匿名 所属:その他
IC学生証の写真照合の開始について
今冬から、一部の店舗レジで、「プリペイド決済時に写真を見せるように」といった指示が出されている。
しかし、表面を上に向けてかざすと、氏名・学生番号・生年月日といった個人情報を周囲に晒すことになる。
個人情報の保護のために、むやみに学生証を露出しないよう指示している大学側と相対するものだが、生協の指示とどちらが優先されるのか?
そもそも、より高額の支払いが可能なTUOカードでは顔写真チェックを行っていない現状下で、IC学生証でのみ写真チェックを行うのはなぜ?
生協からの回答 回答日:2014/03/04
いつも生協をご利用いただき、ありがとうございます。
回答が遅くなり、申し訳ありません。

この冬より生協でのお支払いの際に、学生証の写真面を上に向けてレジに
かざしてくださいとお願いしております。

理由としては、ご本人がご自分の学生証を使用していただくという
原則をふまえて、他の方の学生証が生協での支払いで使われることの無い
ように、あらためて注意喚起を行うためです。
また、財布などに入れたまま支払いしようとされる方が増えておりますが、
学生証では入れたままの読み取りができにくい仕様となっており、
「財布から出してかざしてください」と都度お願いすることになるため
最初から出してかざしていただきたいということからです。

大学様にもご意見を伺いましたが、上記目的であれば本人が携帯するという
意図から外れるものではなく、むやみな学生証の露出にはあたらないと考え
ております。

Tuoカードの利用は現在多くは無く、また高額支払いの際はサイン・暗証番号
などをいただきますので顔写真のチェックは現在は行っておりません。

ご面倒かと思いますが、ぜひご協力をお願いいたします。
                            理事会室長  片木

組合員の声を書く

一覧へ